【遠距離恋愛】交通費の負担が別れの原因に!不満のない交通費負担の決め方|遠恋の教科書♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠恋中の困ったちゃん
遠恋中の困ったちゃん

遠距離恋愛で交通費が負担になっています😭

相手にもう少し多く払って欲しいと不満がありますが、言いだせていません。どうすればいいでしょうか。

ゆうか
ゆうか
こんにちは!遠恋歴1年のゆうかです^ ^

遠距離恋愛では、交通費が片道で1万以上かかることも多く、交通費の負担に悩むカップルは多いです。お金のことは話しづらいかもしれませんが、どちらかに不満があると会いにいくのが嫌になってしまうなど、別れの原因にもつながります。

交通費の負担についてお互いが不満のないように話し合いましょう😌

ゆうかの詳しいプロフィールはこちら!

目次

1、遠距離カップルの実際にかかる交通費は?

遠距離恋愛カップルにかかる交通費の負担は

遠距離恋愛は、会うだけで少なくとも往復1万円程度は交通費がかかります。

会う手段は、飛行機・高速バス・新幹線・電車・車などがあり、離れている距離やお互いが住んでいる場所の交通の便によって、かかる交通費は変わります。

片道で計算すると、

  • 飛行機 1万5千円〜(LCCだと5千円〜)
  • 高速バス 5千円〜
  • 新幹線 1万円〜
  • 電車 5千円〜
  • 車 3千円〜(ガソリン代)

大体このくらいかかり、組み合わせて使うと、片道2万を超える場合もあります。

ちなみに私は、仙台⇄広島で遠距離恋愛をしていた時は往復2万5千円程度、今は仙台⇄栃木で往復1万円程度交通費がかかっています。
(→ゆうかの詳しいプロフィールはこちら!

2、別れの原因にもなる!遠距離の交通費負担がおよぼす3つの危険性とは

別れる原因にもなる!遠距離の交通費負担が及ぼす3つの危険性

20代の遠距離恋愛カップルに聞く心配事の1位が交通費負担の問題です。

遠距離恋愛で負担する交通費に不満があると、大好きな相手なのに会うのが楽しくなくなってしまうなど、別れの原因になります。

交通費負担の問題がおよぼす3つの危険性についてみていきましょう。

2−1、相手に嫌気がさす

時にやってはいけないこと、怒ったり泣いたり感情をぶつける

「自分の方が負担している、、、」と感じてしまうと、相手にもっと払って欲しいと不満が生じ、次第に相手に嫌気がさしてきます。

「どうしてもっと払ってくれないの?」「私も大変なんだけど!」という気持ちを抱えたまま言い出せずにいれば、遠距離恋愛は絶対に続きません。

大好きな相手なのに、嫌気を感じてしまうのは本当に辛いことです。

2−2、相手に会うお金がもったいないと感じる

遠距離での交通費負担の危険性、会うお金がもったいないと思ってしまう

遠距離恋愛をしていると、
学生であれば「今月バイトで稼いだお金が全部交通費に消える😭」なんて状況になることもあります。

そんな時に交通費の負担に不満があると、こんなにお金をかけてまで相手に会う理由はあるのかと、相手とお金を天秤にかけて考えるようになってしまいます。

会うお金がもったいないと感じると、それが別れの原因につながる可能性は大きいです👆

2−3、これから先も相手とのお金の問題に悩まされる

遠距離でも交通費負担の危険性、これからもお金の問題に悩まされる

遠距離恋愛での交通費の負担で不満を感じているのであれば、遠距離を乗り越えたとしても相手とのお金の問題で悩み続けてしまう可能性があります。

ずっと一緒にいたいと考えているなら、これから先、お金のことを二人で話し合わなければならない場面はたくさんあります。

そんな時にいつもあなたが不満を抱えることになってしまえば、関係は長く続きません。

遠距離になったことをいい機会だと考えて、解決しておきましょう。

3、遠距離カップルの交通費負担3パターン

遠距離恋愛でLINEをするのメリット 遠距離恋愛カップルの写真

遠距離恋愛カップルの交通費の負担方法には、以下の3パターンがあります。

  1. 割り勘
  2. 一方が少し多く負担
  3. 一方が全て負担

収入や年齢によって2人の負担の方法は変わります。

3−1、割り勘

8割の遠距離恋愛カップルが交通費を割り勘しています。

学生同士や、収入が同程度の社会人同士、年齢が近いカップルは割り勘で不満なく遠距離恋愛をできるのではないでしょうか。

3−2、一方が少し多く負担

学生と社会人のカップルなど収入に差がある場合は、どちらか一方が少し多く負担するパターンが考えられます。

女性が多く負担する場合と男性が多く負担する場合があります。

また、「自分が払ってあげたい」と考える男性もいるため、そのような場合は男性が多く負担する場合も考えられます。

3−3、一方が全て負担

一方が全て負担するというパターンもあります。

収入の差があり、かつ交通費が往復1万円程度で比較的安くおさまる場合や、収入や年齢に大きな差がある場合にあてはまります。

4、交通費の負担が別れる原因となるカップルの特徴

遠距離で誕生日に何もない時にやってはいけないこと、すぐに別れた方がいいと考える

交通費負担が別れる原因となってしまうカップルの特徴を説明します。

4−1、交通費の負担割合についてコミュニケーションが取れていない

遠距離でLINEをしない危険性

お金については話しにくいこともあり、十分に話し合えていないカップルはかなり多いです。

お互いが納得していないまま、どちらかに大きく負担がかたよると、不満がたまり遠距離が長く続かない原因になります。

交通費対して次のように考えている人は要注意です。

  • 自分が不満をもっていることを察してほしいと思っている
  • 男性が多く負担するのが当たり前だと思っている
  • 基本いく人が交通費を負担すると考えている
  • お金と自分どっちが大切?と交通費問題を現実的に考えない

4−2、お金がなく、交通費が出せない

遠距離で誕生日に何もない時にやってはいけないこと

負担の割合などにかかわらず、そもそもお金がなくて交通費が出せないというカップルは別れてしまう可能性があります。

たとえ頑張って会ったとしても、
生活がいっぱいいっぱいになってしまえば、精神的にもすり減り、心から恋愛を楽しむことはできません。

しかし、別れるしかないと絶望する必要はありません。

このようなカップルでも長続きする方法は次の章で説明します。

5、遠距離での交通費負担の決め方と交通費が原因で別れないようにするために

遠距離恋愛 連絡の頻度は一度彼と話し合っておこう!

話し合いをできていない場合は、一度交通費の負担について話し合い、お互いに納得のいく負担の方法を考えましょう。

交通費は、往復3〜5万などと高額になる場合もあり、これはバカできない金額です。

どちらかに負担を押し付けようとせず、交通費の問題を現実的に受け止めて考えることが大切です😌

また、お互いに経済的に厳しいになっている場合は、交通費や他の出費を減らすことを考えましょう。

  • 会う頻度を減らす
  • 交通手段を変える
  • 会った時のデート代を減らす(外食を減らすなど)

などの方法が考えられます。

また、LINEで通話をしながら一緒に映画をみるなど、遠距離でも楽しい時間を作る方法もたくさんあります👩‍❤️‍👨

お互いが無理をせず、苦しくならないことを意識すれば、遠距離でも交通費負担の問題に悩まされることなくなるでしょう。

ぜひ実践してみてくださいね!

ゆうかの詳しいプロフィールはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください